« March 2016 | Main | May 2016 »

里山次郎の農業生活<その111>小松菜、ほうれん草、ラディッシュの収穫

20160429_100008 

 トマト、ナス、キュウリなどの世話をする一方、春先に植えた野菜は収穫が始まる。

20160429_100838

 手前がほうれん草と小松菜。奥のじゃがいもは育ちが悪い。

20160429_103337

 育ちは悪いがじゃがいもは土寄せ。

20160429_103829

 今日の収穫。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その110>トマト、ナス、キュウリの苗を植える

 今日はトマト、ナス、キュウリの苗を植えるが、その前に寒冷紗の固定の仕方で特別講義。

 きちっと固定できていない人が多いという。動画で。

20160424_141015

 苗の植え方の説明をする吉田塾長。

20160424_141055

 詳細は昨年のブログを。

20160424_1438461

 苗がちょうど収まりそうなくらいの穴を掘る。

20160424_144033

 確か、根切り虫防除の薬?を入れておく。

20160424_160853

 3年目になると手際よく苗を植えることができた。

20160424_162700

 大根を間引いた。

20160424_164352_2

 小松菜は食べごろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊香保カントリークラブ、シャンク防止の打ち方が逆効果

 シャンクが出るのはクラブのフェースが開きすぎている、ヘッドアップ、打ち上げるような感じで打ってしまうことなどなど、いろいろな原因が重なっている。この中でもクラブフェースが開かないようにするのは効果が大きい。そこで、アイアンのフェースを極端に被せるようにし、右に出す打ち方を試してみた。

 インスタート。はじめは、慣れない打ち方で乱れたが、途中からフックボールがうまく打て、これでいい!と思った。
 インのスコアは+6+4+2+1+3+1+5+1+1=+24で60。パット数は322222232。
 ところがアウトに入ってから、乱れ始め、6番ショートでは2つのOB。結局、シャンク全盛期と同じようなスコアに。
 アウトのスコアは+4+3+3+0+3+6+1+7+4=+31で67。パット数は213122121。
 
 S師匠によると、ボールは見ておらず、打ち方もバラバラ。グリップなどに工夫するものの、一つひとつ直してきたところはしっかり身につけねば。
 ゴルフは難しい。

20160423_095108ikaho

 こんなスコアだと、いや~、もうトシで~なとと言い訳したくなるのだが、S師匠も、Mさんも70歳を超えている。
 
 そんな言い訳は言えない。
 S師匠は2回エージシュートも達成している。
 元気なお二人に負けないよう、6月4日のラウンドでは、基本に忠実にプレ―し、普通のラウンドをしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その109>きゅうり、トマト、ナスの支柱たての講習、作業はビニールマルチ敷き

20160409_095856_2

 今日はキュウリ、トマトの支柱をたてる作業。講習の一番のヤマかも。

 そこで、講習内容は動画で。

20160416_101827

 支柱をたてる前にビニールマルチを敷く作業。お隣のベテランは、こんなに綺麗に土地をならす。

20160416_121636

 私のはふにゃふにゃだが、このくらいなら大丈夫。上出来!(笑)

追記)支柱たては翌日行った。

20160417_181248

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトボール2戦目、緩いボールにタイミング合わず――。

20160410_softball

 秋ヶ瀬公園S6ソフトボール場での2戦目。

 緩い球のピッチャー。初打席。簡単に打てそうなのだがタイミングが合わず、空振り二つで追い込まれ、かろうじてチップで三振を逃れる苦しい打席だったが、高めのボール球を振り抜くと、もう少しでホームランというあたりの2塁打。

 続く打席も三遊間ヒットで、「これで、貧打から脱出か」と思ったのだが――。

 サードゴロエラー、センターフライとヒットが続かず。

 次に出たピッチャーはさらに球が遅い。それなのに、なんと三振、サードフライ、ショートフライ。

 一打席目のボール球を打ってのホームラン性の当たりに、すっかり調子に乗ってしまい、力が入り、悪球打ちも目立ち――。

 ソフトボールは難しい。

 ライトの守備は前回からソツなくこなしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その108>キュウリ、トマト、ナスの元肥

 トウモロコシの種(穴に二つずつ)、枝豆(1つずつ、40個)の種をまいてから、講習を受ける。

 今日はキュウリ、トマト、ナスの元肥。

20160409_095856

20160409_101905

20160409_101951

  穴を掘って、木の葉をバケツ1杯、キュウリ、トマトを植える場所に、バケツ1/2杯、ナスを植える場所に入れ、その上に肥料を。キュウリとトマトは一部違う肥料なので注意。

20160409_102939

20160409_104319

 詳細は昨年のブログを参照。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

里山次郎の農業生活<その107>枝豆とトウモロコシの種まき準備

20160403_100529_2

 講習スタート。

 キャベツの追肥、1カップ。とうもろこしの肥料(間違えて隣の枝豆の場所にまかないように)。枝豆はビニールマルチを敷く。いんげんは種をまいたら、新聞紙1枚をかぶせる。来週はキュウリ、トマト、ナスの準備。

20160403_104450

 キャベツの追肥。

20160403_104838_2

 早生のキャベツは土寄せ。

20160403_105218

 トウモロコシは元肥。

20160403_101242

20160403_110206

 枝豆は肥料をまかず、そのまま、ビニールマルチを敷く。

20160403_104602

20160403_120628_2

 いんげんの種まき。種の大きさの3倍の深さに。

20160403_120838_2

 新聞紙を被せる。

20160403_121347

 小松菜の残り半分の種まき。

 今日は時間があったので、トマト、キュウリなどのビニールマルチづくりをお手伝い。

 講習はボランティアの皆さんに支えられている。

20160403_113312

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東武動物公園、花見どころではない面白さ(゚▽゚*

 おばあちゃんの母親2人を花見に連れて行きたいが、あまり歩けないのでクルマで行けるところ、しかも駐車場が広いところ――と考えた末、東武動物公園(埼玉県南埼玉郡宮代町横須110、0480・93・1200)に行くことになった。

 東武動物公園は動物のイベントが多い。桜もいいが、まずは、「ひつじの毛刈りタイム」。4月2日〜5月28日までの土曜日にしか開催しない貴重なイベントだ。
 1時間くらいかかって、ようやくきれいに。
 ガチョウ広場からは、定刻になるとガチョウの行列が始まる。
  レッサーパンダは「小さい方の」パンダという意味だが、lesserだと蔑称の感じがするのでレッドパンダとよぼうという動きがあるという。

Tobu_sakura01

Tobu_sakura02

桜はきれいだったのだが、動物が面白くて、のんびり花見、というわけにはいかなかった。(^-^;
 ホワイトタイガー。1頭だけ、木に登れる。
 クジャク。観客を意識してか、ファッションモデルのよう。
 入浴中、子供が気になるヒグマ。
 草食のかわいいクマさん。
 ヘビ君、そろそろ仕事も終わり、と思ったのだろうか、落ち着かない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2016 | Main | May 2016 »