« 京で神頼み~京都のパワースポットその5)紫雲山頂法寺六角堂 | Main | 京で神頼み~京都のパワースポットその7)清水寺音羽の滝 »

京で神頼み~京都のパワースポットその6)八坂庚申堂

 頂法寺六角堂から八坂庚申堂(京都府京都市東山区金園町390−1)へ。30分ほど歩く。

20160824_135626

 法観寺の五重塔が目立つが、八坂庚申堂はその手前右にある。

20160824_135651

20160824_135732

20160824_135804

20160824_135857

 資料によるとーー。

 <由緒>当山は大黒山金剛寺庚申堂と号し、大阪四天王寺庚申堂、東京入谷庚申堂(現存せず)と並び日本三庚申の一つで、ご本尊青面金剛は、飛鳥時代に秦河勝が秦氏の守り本尊として招来したのを、浄蔵貴所が一般の人々にもお参りできるようにと、960年に建立した。1000年以上前のことである。現在のお堂は延宝六年(1679年)の再建である。

本尊 青面金剛(しょうめんこんごう)

 脇侍 四大夜叉(しだいやしゃ) 不動明王 弁財天 地蔵菩薩 大黒天 聖徳太子 天神(菅原道真公) 賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ) 三猿(さんえん)

 開基 浄蔵貴所(891〜964)

 庚申について

 庚申とは干支(えと) 即ち、庚(かのえ)申(さる)の日を意味し、この夜に人間の体の中にいる三尸の虫が、寝ている間に体から脱け出して、天帝にその人間の行った悪行を告げ口に行く、天帝は寿命を司る神であるから、悪いことをした人に罰として寿命を縮める。ところが、三尸の虫は、人間が寝ている間にしか体から脱け出ることができないので、庚申日は、徹夜をする、これを庚申待ちという。

 この庚申待の行事にさまざまなことを行って徹夜していたが、青面金剛はこの三尸の虫を喰ってしまうので、いつの頃からか、庚申待ちには、この青面金剛を本尊として拝むようになり、庚申イコール青面金剛となった。

 また、この日、睡眠をささげて、一晩一心に願い続ければ如何なる願いも叶うとされている。

20160824_140224

=くくり猿は“心”をコントロールするアイテム!=

 くくり猿は、お猿さんが手足をくくられて動けない姿をあらわしています。

 これは、 お猿さんのように動き回る人の心を象徴しているのです。

 意馬心猿(いばしんえん)という言葉があるように、人の心は常に動き回って落ち着かないものです。それを庚申さんによってくくりつけられているのです。言い換えれば、心がうまくコントロールされた良い状態を表しています。

 くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は、欲を一つ我慢すること!

 皆さんが願われたことを叶えようと努力しようとするとき、こころが動いて、それを妨げようとしたり、集中できなかったりします、それをくくりつけ、庚申さんにうまくコントロールしてもらうのです。 ですから、ご自身の中でお猿さんが走り回るように心が動き出し、悪いことをしたり、努力を怠りそうなときたら、庚申さんの怖い顔を思い出して、「罰が当たる」と自身を戒め、くくり猿のように欲望のこころをコントロールしてください。

 良い行いをしていれば、くくり猿も庚申のお使いとして、皆さんを助けてくれることでしょう。

 心が動いて困ったら、合掌して、庚申さんを念じて真言を唱えてください

 おん でいば やきしゃ ばんた ばんた かかかか そわか

 願いが叶いましたら、庚申堂へお送りください。撥遣(念を抜く)しお焚きあげいたします。 

 新しいくくり猿は現金書留でも受付けております

20160824_140809

 つまらないことにとらわれず、心を平穏にして、自分らしい生き方をしたいーーそうお願いしてくくり猿を結びつけてきた。

20160824_140902

 この方が、お釈迦様の弟子で、超能力を持つビンズルさん。


|

« 京で神頼み~京都のパワースポットその5)紫雲山頂法寺六角堂 | Main | 京で神頼み~京都のパワースポットその7)清水寺音羽の滝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京で神頼み~京都のパワースポットその6)八坂庚申堂:

« 京で神頼み~京都のパワースポットその5)紫雲山頂法寺六角堂 | Main | 京で神頼み~京都のパワースポットその7)清水寺音羽の滝 »