« 里山次郎の農業生活<その136>白菜とねぎが収穫本番 | Main | 落合恵子著『自分を抱きしめてあげたい日に』(集英社新書) »

落合恵子著『おとなの始末』(集英社新書)

Otonanoshimatsu 

 落合恵子著『おとなの始末』(集英社新書、2015年11月22日発行)を読んだ。

 「70歳になった。」という書き出し。そろそろ人生のまとめに入る年齢ということで「おとなの始末」という本を書かれたのかと思って読み進めると、ちょっと違う。

 「ある年齢になったら自動的に『おとな』になるわけではないし、また、どんなに多くの体験を重ねても、それを自分に引き寄せ、引き受けることができなければ『おとな』とは言えないとも考える」「おとなとは、『引き寄せ・引き受ける』ことのできるひとのことなのかもしれない」「さらに、生きていくことに対する、自分なりの答えの出しかた、を知っていることとも言える」

 「30代から、うっすらと自分の最期を考える機会をいくつか体験した」「自分の最期について思いを巡らす『ある年代』が、このように人生のわりと早い時期に来るひともいるだろうし、定年後やもっと後になってというひともいるのだろう」「自分が死について意識した時が来たら、そのきっかけをしっかりとつかまえたい。同時にそれは、交友関係も含んだ自分の日常、生きかたというか、生きる姿勢を見直すチャンスでもある」

 「人生の『始末』は、本来、年齢にかかわらず意識しないといけないものでもあるだろう。ひとはみな生まれた時から死に向かって歩いていくのだから」「ほとんどの人は、重い病気になったり、事故に遭ったり、高齢者にならないと、『自分がいつかは確実に死ぬ』という意識からは自由だ。それでいいのだと思う」「けれども、たとえ自分が望まなくても30代、40代で自分自身の『始末』をつけなければならない時が来ないとは限らない」

 「『始末』とは、生きていくことに対する自分という個の答えの出しかたである。よりよく生きるために開けなくてはならない扉とは、むしろ未知の死へ向かっていく扉とも言える」

 この本は、自分らしい人生を生きるための、おとな論なのかもしれない。「始末」という言葉にとらわれすぎずに読み進めなければならない。

 「自分がいま、執着しているものがあるとしたら、それは自分が生きていくうえで大事なものなのか、いったん立ち止まって考えてみる」「自分の掌で握ることができる、本当にかけがえのないものだけをしっかりと握りしめて、その他のものをいかに『始末』するかをこそ考えなければならない」

 「わたしが自分の人生の『始末』を考えたきっかけのひとつは、30年ほど前、ほぼ同世代の女友だちが40歳を目前にして亡くなったことだった」

 「老いや死というものは、時に手に余る大きなテーマなので、ついつい後回しにしがちだ。それでも、定年退職をする、家族の介助や介護が始まる、子どもたちが巣立って住まいを見直すという人生の幾つかの節目などに、考えるきっかけはあるはずだ」「遺言はひとつの方法だが、そうした機会に、いろいろな『始末』の仕方を考えておくことは、『これからの日々』を生きるうえでも必要なものだ」

 「100パーセントひとりで立つことは素敵だし、理想ではあるけれど、どんなにすっくと立っているつもりでも、どこかで誰かに支えられている、というのが本当のところだろう。その曖昧な輪郭を認めながらも、可能な限り自分で立つことが、わたしがわたしである基本。思想も、姿勢も、である。自分で立っていないと、他社ともつながれない」

 以上、第一章「おとなの始末とはなにか」から引用したが、この後、第二章「仕事の始末」、第三章「人間関係の始末」、第四章「社会の始末」、第五章「暮らしの始末」、第六章「『わたし』の始末、と展開する。

 この中では、「仕事の始末」がとても参考になった。

 「次のことを考えよう。自分がしたいのは仕事なのか、それともいままで仕事が意味してきた、『専念し、熱中できるなにか」であればいいのか、と」「わたしたちが『仕事』と呼んでいるものは、自分が熱くなれて、達成感があり、自己満足もでき、やっていることを誰かに還元できる、それらすべての『象徴』に過ぎない気もする」。

 定年まで一つの企業にいた人にとって仕事はお金を稼ぐ手段であったと同時に、その多くの部分が「生きがい」でもあったはずだ。定年後の再雇用では、仕事は同じであっても、収入が激減し、がっかりする。しかし、「収入も生きがいも」となんでも一つの仕事に求めるのは難しいのかもしれない。仕事は「自分を教育してくれ、社会デビューさせてくれた場でもあった」と割り切り、生きがいは生きがいとして、仮に無収入でも取り組み、生きがい実現のために収入が必要ならば、アルバイトでもなんでもすればいいのではないか、と気づかせてくれた。

 落合さんは「何十年も働き続けてきたのだ。少しの休み時間があってもいいはずだ。急いで、次の椅子をみつけるより、少し時間をかけてみないか。『わたしはいったい、なにをやりたいのか』に」。

 「ある空間における椅子の数は、たいてい決まっている。だから、その椅子を獲得するためには、誰かと争奪戦を展開しなければならない。しかし、争奪戦は時にひとを疲労困憊させる。得ても、失ってもだ。すでにそこにある椅子を自分のものとするために全精力を注ぎこむより、そこにはない、まったく新しい椅子を作るために、そしてそれを自分のものにするために、エネルギーを集中しようと考えるほうがいいのではないか」

 「他者に切実に必要とされることだけをよりどころにするのではなく、自分が豊かになることをやってみる。その結果として誰かが喜んでくれ、それがまた自分の喜びになって返ってくることもまる。そう考えれば『もう必要とされなくなった』という空疎感からも解放されるのではないか」

 11月末で定年退職し、再雇用となったいま、とても心身に染み入る言葉だ。

 そして、「あとがきにかえて」で、

 「『おとなの始末』とは、つまり……。最期の瞬間から逆算して、残された年月があとどれほどあるかわからないが……。カウントすることのできない残された日々を充分に、存分に『生ききる約束』、自分との約束。そう呼ぶことができるかもしれない」

 「生きるなら、『自分を生ききってやろう』という覚悟のようなものが、本書『おとなの始末』の底流に流れる静かな水音と言えるかもしれない」

 とまとめている。

 「人生においてタフなファイターでありたい。同時にデリケートなファイターでありたい、とわたしは考える」

 何を握って人生を生ききるか、を考えたくなる一冊だった。

|

« 里山次郎の農業生活<その136>白菜とねぎが収穫本番 | Main | 落合恵子著『自分を抱きしめてあげたい日に』(集英社新書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 落合恵子著『おとなの始末』(集英社新書):

« 里山次郎の農業生活<その136>白菜とねぎが収穫本番 | Main | 落合恵子著『自分を抱きしめてあげたい日に』(集英社新書) »