« 里山次郎の農業生活<その141>新シーズンスタート | Main | リンダ・グラットン著『ワーク・シフト』(プレジデント社) »

里山次郎の農業生活<その142>キャベツ、ブロッコリーの早生の苗植えと小松菜、ほうれん草の種まき

 今日は小松菜、ほうれん草の種まきと、キャベツ、ブロッコリーの早生の苗を植える作業。

20170319_095916_hdr

20170319_094914

 種をもらった。

20170319_100323

 キャベツ5つ、ブロッコリー最大3つの早生の苗を植える。

 ブロッコリーが3つならば晩生の苗が2つになる。

 箸と箸を結ぶ線上に、端から20cmのところとそこから30cmおきのところに写真のような形で2本指で穴をあけ、苗を植える。来週、隣に大根のビニールマルチを張る。

作業が終わったら、ネットを張る。

小松菜は種の半分、ほうれん草は全部まく。

まくまえに石灰カップ1杯をまく(と教わったのだが忘れて種をまいてしまった)。

箸と箸を結ぶ線の外側を掘り、5cmほど高く。真ん中に線、さらにそれを二つに分けて、内側の二つがほうれん草と小松菜のエリア。

ほうれん草のエリアはかまぼこ型にして水がたまらないようにする。

小松菜はまず南北二つにエリアを分け、北から4列(南北)、線を引く。そこに筋まき。種は2cm間隔。北からまくのは、南からまくと陰になって、北側の生育が悪くなるから。

ほうれん草は4列20箇所に6〜7個点まき。

寒冷紗を張って作業終了。

20170319_162423

|

« 里山次郎の農業生活<その141>新シーズンスタート | Main | リンダ・グラットン著『ワーク・シフト』(プレジデント社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/65042187

Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その142>キャベツ、ブロッコリーの早生の苗植えと小松菜、ほうれん草の種まき:

« 里山次郎の農業生活<その141>新シーズンスタート | Main | リンダ・グラットン著『ワーク・シフト』(プレジデント社) »