« 映画「未来を花束にして」 | Main | 映画「パレードへようこそ」 »

映画「1987.ある闘いの真実」

69dd2cc76bc34c76a9577e1df8deb43e

 映画「1987、ある闘いの真実」を観た。

 2017年韓国映画。

 1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は北分子を徹底的に排除するべく、取り調べを日ごとに激化させていた。そんな中、行き過ぎた取り調べによってソウル大学の学生が死亡してしまうーー。

 徹底的な警察権力による弾圧の中、検事、マスメディア、学生、看守、などが、手を結ぶのが極めて難しい状況のなかで、それぞれの正義に基づいて民主化運動を繰り広げる様子を描いたこの映画、ものすごい迫力があった。

 ちょっと前の韓国はこんな状況だったのかと、自分の不勉強を恥じた。そした絶望的な状況のなかでも、自分の良心を信じながら戦えば、勝つこともある、という歴史を見せてもらった。

 日本ではこれほど荒っぽいことはなされていないと信じたいが、時の権力に歯向かえば、似たような状況にはなるのかもしれない。

 一人では絶対に解決不可能なことが多くの人間を巻き込むことに成功すれば実現するという勇気を与えてくれる映画だった。

 日本の政治状況は閉塞感があり、敵もよく見えない。そんななかで個々人が何をすれば国は良くなっていくのか。

 そんなことも考えながらこの映画を楽しんだ。

| |

« 映画「未来を花束にして」 | Main | 映画「パレードへようこそ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 映画「未来を花束にして」 | Main | 映画「パレードへようこそ」 »