« ドラマ「アキラとあきら」 | Main | 天鳳で再び3段に »

第103回草月いけばな展「草月ってなんだろう?What’s SOGETSU」

 日本橋高島屋S.C.本館8階ホールで開かれた第103回草月いけばな展「草月ってなんだろう?What’s SOGETSU」を見た。草月のいけばなは『型』にとらわれることなく、常に新しく、自由にその人の個性を映し出します。いつでも、どこでも、だれにでも、そして、どのような素材を使ってもいけられるのが草月流。いけ手の自由な思いを花に託して、自分らしく、のびやかに花をいけていきます」(蒼月ホームページ)。

 この言葉の意味するところが実際にわかる面白いいけばな展だった。

F41fce7286c54dada402171daac566a44baa0a456ced4c3481d66090e1b9cf52

 かつていけばなというと、良妻賢母になるためのお稽古の一つというイメージが強かった。茶道も一緒。

 でも、「草月ってなんだろう?」のチラシを見ると、「花の力、無になれる時。」「未来に向かって生きる力」「創造と活力の泉」など、自己実現、活力を得る手段として捉えている人が多いことがわかる。この感覚は茶道の稽古を始めたばかりの私の茶道への思いとも一致する。人を型にはめるものではなく、人を花開かせるアートがいけばななのかな?と思い、展示室を歩いた。

8cf38fd0b0d64a48958126d801352bc3

 まるで宇宙船の中でいけられているような作品。こんな未来的な表現もあるのだなと驚いた。

 一方で、残念ながら「いかにも作りもの」という作品もあった。芸術的な作品か、チャチな作り物かは、紙一重の差なのかなと思った。抵抗なく受け入れられるのは、人の手が入っても自然に見えるかどうか、が一つのポイントと感じた。

 会場の作品は、①おっと思うアート作品②ありきたりのいけばな③いかにも人工的な作りものーーの3つに分かれると感じた。

 ここでは①のアート作品として面白いと思ったものだけを紹介する。

3d9202632a154b1794db0a2b9c63ade5

C442a9bbef2045d186312e831a55ce1c

 会場は、人、人。とても人気のある展覧会だった。

9ce43fdc774847d38893de4b6f8b68ca 

9be5016a12674d53a156dddc1a8a65e2

6426edc38fa94c089c5bb5ab799d9776

Ed73573c2f8d4afcbb0d2254591d9af0

5e5eb67fe32645279496f51f2437831a597112897e6f4110ba6faabb5e78b8eb8d6e4e8cdc454bcc8fdfc24f7bbf4755

0ff3a5b3d5f140feba4b51510b394c8f

098fe12803c44ece9080d24c3372396f

469b3cfd44f64464816bc06e32543d12

B4ef50c061b549f2b7b860c612d8244d4bd64c966d864688a910059d36d79eda0c17ca3a1e334974870a12f1ea51eda8

 家元の勅使河原茜さんの作品。

D1e45569c3724124ace7346bdc73b4d46acc61c45f0f47bc80db0b5ef3670f561b91afb1fa4345a186afda742536b283F4f7b5868f8b4365a3eaabbb81dd96290ec1779a40ec48b8b5b318fc7305d344F84d4c0321b946d0b32894965b433b213543eff1190b4dfd9c4a208def9f22c702add50a651444f7a481c3b1482c1839Fe6498cada834cf2bf4e1b0afc9a3a5b50aea8140e9b40f1bafe374ac6712023De04c0b204274c64af2a4d71159f9136E2cfd203a7ba43c7b2aa4e9030c8cd6f0f7656537c6a45a799d4d902765a3027655e2accce3a4b84b51a9afcabe31b093e90032c4de84c508d808712c26b983bEdd0128526504bad8cf7d6b463c206a213d9e930391f45c8b85731f999726809

 最後が高校の大先輩の作品。両隣の作品と比べると、味わいが違う。

1a23a3403b884d08bc83aa785d5ca050

F2c060fbafdd40819e0849fe5ba5967b

326e9df60a424edd8dbe88b12d8e0b537da686431f4542479f6170c9b8c3009935038212b96a40649aba2f051db703c2

 自由で創造性が発揮された作品を堪能した。

 草月作品の良さは、何も考えず、感じることが出来たこと。

 美術館に展示される現代アート作品を見ると「この作者は何を表現しているのだろう?」「テーマがわからない?」「訳がわからない」となるのだが、素直に感じて面白いか、好きか嫌いかで、見ることが出来た。素朴に楽しめるアート。それも草月、なのだと思った。

| |

« ドラマ「アキラとあきら」 | Main | 天鳳で再び3段に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドラマ「アキラとあきら」 | Main | 天鳳で再び3段に »