群馬デスティネーションキャンペーン首都圏説明会「ググっとぐんまプレゼンテーション」

 JRグループ6社と地域(地方公共団体や県民・企業等)が一体となって取り組む国内最大規模の大型観光キャンペーン、デスティネーションキャンペーン(DC)の対象地域に群馬県が選ばれ、7月1日から9月30日まで、JRグループの宣伝媒体を活用した集中的な宣伝が日本全国で展開される。これに合わせ、群馬県の新たなの観光資源の掘り起こしも行われる。
 キャンペーンに先立って、6月10日午後6時からフォーシーズンズホテル椿山荘 東京(東京都文京区関口2-10-8、03・3943・2222)で、都内の観光、旅行関係者、マスコミなどを集め、「群馬デスティネーションキャンペーン首都圏説明会『ググっとぐんまプレゼンテーション』が開かれた。ぐんま観光特使も末席に加えていただいたので、その模様をリポートする。

090
 司会・進行は、テレビ東京のEmorning!で天気予報を担当している関口奈美さん。

093
 ググっとぐんま観光宣伝推進協議会会長の大澤正明知事は急用で欠席。茂原璋男副知事が代わって挨拶。「群馬は首都圏の宝石。磨けばもっと光る」。

094
 JR東日本の代表取締役副社長の石司次男氏。「力いっぱいやりたい。1500の観光素材を準備した。力を入れたいのが列車の旅。C61形蒸気機関車は伊勢崎市に保存されていたが、復活させた。C61の復活は山田洋次監督がドキュメンタリー映画を撮っている。SLはこのほかC57、C58、D51も走らせる。吉永小百合のCMも流す」。

095
 日本旅行の金井耿会長。「心配なこともある。震災の復興で東北に視線が集まっており、群馬は陰に隠れる恐れがある。また電力問題なども影響し、観光は大きなパラダイム転換を図らざるを得ない。土日以外が休日となる企業を狙ったり、北関東全体でPRするなど、成功に向け努力する必要がある」。

096
 国土交通省関東運輸局長の神谷俊広氏。「行きすぎた自粛、停電、原発の風評被害などの悪影響があるなかで、官民が一体となったキャンペーンが展開される意義は大きい。ピンチをチャンスに変えて、大きく飛躍してほしい。関東ブロックや日中韓での観光面での協力も進めていきたい」。

097
 南波和憲群馬県議会議長。「五感を使う体験型観光など、たくさんの魅力を提供したい」。

103
 乾杯。

098
 群馬ならではの食も用意された。上州牛ローストビーフ。

100
 上州麦豚のしゃぶしゃぶ。

065
 ギンヒカリのつみれ鍋。

068
 ギンヒカリの軽いスモークと茄子のブレゼ ジンジャーバターソース。

072
 上州豚のミラノ風カツレツ。

075
 "チキンガンボ"上州地鶏とオクラのシチュー サフランライス添え。

081
 尾瀬大白豆腐。塩で食べたい豆腐だが、山椒の塩漬けが載っていた。おいしかった。

083
 岩名のたたきの手巻き寿司。なめろうののり巻きという感じ。なかなかおいしかった。

084
 温泉地からも女将たちが応援にかけつけた。伊香保温泉の女将。

086
 群馬県温泉協会会長の岡村興太郎氏。法師温泉を経営。

128
 市町村長たちが気勢を上げる。

130
 抽選会。女将たちがずらり。

129
 群馬女将の会会長の塚越裕子さん(伊香保温泉の塚越屋七兵衛会長)。

131
 曽我孝之群馬県商工会議所連合会会長が中締めの挨拶。

 観光特使としても群馬観光の盛り上げに協力したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津町の姉妹都市、カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)

 なんと!チェコに群馬県草津町の姉妹都市があるではないか!
 カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)だ。ぐんま観光特使(任期延長になりました(^。^))としては絶対行かなければ。

 草津町とカルロヴィ・ヴァリ市とは平成4年5月20日に姉妹都市となった。草津町のホームページによると、カルロビ・ヴァリ市は「チェコ共和国ウエストボヘミア州にある温泉リゾートで、旧名はカールスバード。古くからヨーロッパ随一の高級保養地として王侯貴族や芸術家を集めてきました。産業面においても、ボヘミアングラスなどのガラス工芸、酒の醸造等、この地方を代表する都市となっています。故ベルツ博士がその日記の中で草津と比較したことが縁で姉妹都市となり、手を携えて温泉リゾートとしての発展を図っています」とのことだ。

 『地球の歩き方』によると、プラハから急行が1日7便、所要時間3時間20分。バスは1時間に1便。所要時間2時間15分。これはバスしかないな。
 
 テプラー川、オフジェ川の浸食によって形成された、深い谷あいの地にある温泉の町。
 伝説によれば、14世紀、神聖ローマ皇帝カレル四世が、鹿狩りの最中に山の中で偶然温泉を発見したという。1358年、彼はそこに狩猟用のロッジを建て、自らの名前をもってこの土地の名前とした。カルロヴィ・ヴァリとは“カレルの温泉”という意味なのである。
 
 コロナーダ(飲泉所)めぐりが中心のようだが、温泉入浴やアロママッサージも可能。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津温泉・望雲に泊まる(2)

 早朝5時に起きて、さっそく遊山の湯へ。
Boun080629_001
 右が西の河原源泉。左が万代鉱源泉。
Boun080629_003
 露天風呂。西の河原源泉。起きたばかりでふにょ~とした気分。それが写真にも表れている。(^_^;)
Boun080629_004
 朝食も部屋で。朝から量が多いと思ったが、意外におなかがすいていて、食べられた。
Boun080629_005
 談話室ではコーヒーを無料サービス。新聞も読める。

 望雲はさらにパワーアップした感じ。とても良かった。癒やされた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津温泉・望雲に泊まる(1)

 草津温泉の温泉旅館、望雲(群馬県吾妻郡草津町433、0279・88・3251)に泊まった。2005年の9月以来の宿泊。当時建設中だった新館、雲松庵に泊まれた。
Boun080628_001
 とても良い部屋。
 さっそく温泉に。
 温泉は当時は万代の湯(ばんだいのゆ)[源泉:万代鉱]と西の湯(さいのゆ)[源泉:西の河原]の二つで、時間によって片方が男湯のときはもう一方が女湯になっていた。
 温泉は遊山の湯(ゆさんのゆ)[源泉:西の河原、万代鉱]が増えたため、万代の湯と西の湯はセットになり同じ日に楽しめるようになった。
 遊山の湯は午後2時~午前3時半が女湯、午前4時半~10時が男湯。万代の湯と西の湯はその逆。
 ということで、まず西の湯に入った。
Boun080628_002
 西の湯は西の河原露天風呂と同じ源泉。木の湯舟が気持ちよい。
Boun080628_003
 草津の湯は熱いので、涼みながら入れる露天は貴重。
 続いて、万代の湯に。
Boun080628_004
 高い天井。開放感のある湯舟。
Boun080628_005
 いや~、露天はいいですな~。
Boun080628_006
 風呂から出て、ゆっくり涼む場所もできた。

Boun080628_007
 草津は無料の共同湯もあり、宿をとらずに、何度も訪ねているが、宿の良さは、湯に入ったあと眠れることと、料理だ。
 料理は部屋で。「しらかば膳」。食前酒は吾妻谷産キウイワイン。
Boun080628_011
 先付。手前左から胡麻豆腐、海月浅地和え、雲丹琥珀寄せ。
 八寸。真ん中左から才巻海老、小鯛笹寿司、巴白玉柚子味噌、大和芋水玉絞り、地鶏のチーズ蒸し。
Boun080628_010
 蒸し物。鰻のおこわ蒸し。
Boun080628_008
 お造り。旬のお魚いろいろ。妻・芽物。
Boun080628_012
 温物。パイスープ。
Boun080628_013
 鍋物。湯葉と地野菜の白湯スープ鍋。コラーゲンたっぷり。
Boun080628_014
 焼物。上州牛ステーキ。
Boun080628_015
 揚物。舞茸としし唐の梅香揚げ。梅塩で。
Boun080628_016
 御飯。筍ごはん、香の物。
 止椀。赤だし汁。
Boun080628_017
 水菓子。季節の果物。
 リッチだった。おいしかった。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

”昔ながらの洋食屋”『桔梗亭』(群馬県草津町、洋食)

 白旗の湯近くの源泉閣1階に”昔ながらの洋食屋”『桔梗亭』(群馬県吾妻郡草津町106-1、0279・88・8911)が昨年12月にオープンしたというので行ってみた。群馬県大泉町出身のシェフ、櫻井厚さんは、銀座などに店があるつばめグリルで修行を積んだ。つばめプラス櫻井さんオリジナルの味が楽しめる店だ。
 ハンバーグは、桔梗亭風ハンバーグステーキ(1200円)、昔ながらのクラシックハンバーグステーキ(1100円)、和風ハンバーグステーキ(1150円)の3種類がある。
 草津ロール(高原キャベツを使用したあっさりロールキャベツ、980円)、桔梗亭風オムライス(980円)、昔ながらのナポリタン(880円)あたりも気になったが、桔梗亭風ハンバーグステーキを頼んだ。
Kikyoutei080316_002
 おお、まさにつばめグリル風のハンバーグ。おいしかった。
 トマトのサラダ(1人前のハーフサイズにしてもらった)もつばめ風。
Kikyoutei080316_001
 マウンテンビューロッジに泊まり、ここで夕食をとると1割引きで食べられる。”ゴルフ夏合宿”でマウンテンビューに泊まる時には食べに来よう。
 ただ、オープンしたばかりでまだ試行錯誤の部分もあるようだ。たとえば、まだ地元・群馬のお酒は置いていない。東京から泊まりに来るときは何か群馬らしさがほしい。夏までにはそんな部分も充実してくれるとうれしい。
 営業時間は午前11時半から午後3時まで、午後6時から10時(ラストオーダー)まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再び、草津・共同湯

 草津温泉に行った。
 草津温泉というと、一般の人は「まず宿を決めなければ」と思うだろう。でも、そんなことを考えずにぱっと行けるのが草津温泉のすばらしさだ。宿による日帰り入浴、日帰り入浴施設も充実しているが、共同湯があるので、時間もあまり気にせずに温泉を楽しむことができる。
 まず煮川源泉の煮川の湯に入った。
Kusatsu_nikawa080316_001
 2004年11月に煮川の湯に入ったときに話をした富山から来た年配の方とまた会ってしまった。定年を迎えるのでこれからは平日でも来れると話していた。
Kusatsu_nikawa080316_002
 煮川の湯は常連が多いようだ。入浴する人が絶えることがない。熱い湯も健在だった。
 煮川の湯には2時間くらいいた。草津の湯はいい。
 次に湯畑源泉の千代の湯に行った。
Kusatsu_tiyo080316_001
 千代の湯は温泉街の中にあるため、温泉宿に宿泊している客が共同湯も体験しようと来るケースが多い。常連というよりは宿泊客の多い共同湯だ。
Kusatsu_tiyo080316_002
 すいていた。お湯がぬるかった。どうしたのだろう。煮川の方が圧倒的に良かった。5分で出た。
 最後に横綱格の白旗の湯に入った。白旗源泉。
 大人気だった。今日はあまり白濁していなかったが、二つの湯舟のうちに熱いほうは相変わらず飛び切り熱かった。
 高い天井を見ながら湯につかった。
Kusatsu_shirahata080316_001
 1時間ほど入った。午後6時前に出た。あたりは暗くなっていた。
Kusatsu_shirahata080316_002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

源泉閣・湯楽亭(草津町、鉄板焼き、お好み焼き、うどん)&夜の湯畑

 軽井沢を後にし、草津に向かった。宿泊するのはマウンテンビューロッジ
 宿泊料金は安いが、温泉は草津の中でも随一と言ってよい泉質の「わたの湯」だ。
 夕食はロッジのマイクロバスで湯畑へ行き、ロッジと同じ会社が経営する源泉閣2階の湯楽亭(群馬県吾妻郡草津町106-1、0279・88・3011)で。宿泊客は料金が1割引きになる。
Gensenkaku004
 生ビール、そしてきのこバター焼き、高原のジャガバター焼き、高原の野菜焼、牛ステーキ、上州豚焼き、地鶏焼きなどを頼む。
Gensenkaku001
 上州草津お好み焼は、山菜やきのこなどが入っている。
Gensenkaku002
 
Gensenkaku003
 このほかたこ焼き、もんじゃ焼きなども食べて4人で1万円以内で済んだ。安い。ナットク。
 火曜定休・シーズン(7・8・9月/G.W/年末年始)は年中無休。
 営業時間は平日 AM11:30頃~PM10:00頃、土日 AM11:00頃~PM10:00頃。
 食事の後、夜の湯畑を散歩した。
Kusatsuyubatake070504_01

Kusatsuyubatake070504_02

 温泉では旅館に泊まるのが一番のぜいたくだが、ロッジに泊まると街で夕食が食べられる。

 草津の湯畑で気になる店がある。焼き鳥 静(群馬県吾妻郡草津町396、0279・88・2364、営業時間は18時半から午後10時まで、持ち帰りは午後3時から、水曜定休)。湯畑の下の方、滝の流れているあたりにある店で、この日も持ち帰りの行列ができていた。並んでみたが、注文してから焼いているようで時間がかかる。
Kusatsuyubatake070504_03yakitorisizuka
 「県内の鶏を使用し、炭火で焼いて、せっかくのフレッシュな鶏を締めないように柔らかく焼いています」と説明書きもある。おいしそうだ。値段もねぎま3本400円・・・などと手ごろ。これが人気の秘密か。
 帰りのマイクロバスの出発時間が迫ってきた。今回もあきらめよう。
 群馬にいた時、日帰りでよく草津に来たが、クルマなのでお酒が飲めず、この店には入らなかった(焼き鳥はにはビールがほしい)。泊まるときは旅館がほとんどで、旅館の食事の後に焼き鳥というのはつらかった。
 次回は、マウンテンビューロッジに泊まり、この店で夕食をとろう。

 さて、土産物は一井の土産物売り場や本多みやげ店で買うことが多いが、本多みやげ店で、なぞの土産物があった。
 「こんにゃくキューピー」(525円)。う~ん。こんにゃくは群馬の特産だが、なぜキューピーなんだ!!
Kusatsuyubatake070504_05konnyakukyupi

 一井では温泉ハップを買った。これで我が家でも草津温泉気分が味わえる♪

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いざかや 水穂(草津町)

 草津の夜は地元のHさんが付き合ってくれた。
 風来坊の後、湯畑にある、80種類の焼酎を置いている「いざかや 水穂」(草津町湯畑前101、0279・88・3122)に行った。
Mizuho001
 メニューをみると、つまみは多種多様。一次会で行ってもいい。
 マスターのうんちく 0円。笑える。
 マスターがいい人なので、1人で訪ねても楽しめそうな店だ。
Mizuho002
 黒千代香(くろじょか)=鹿児島県に昔から伝わる焼酎の燗付け器で焼酎を飲ましてくれるのが粋。お湯割りよりも焼酎がまろやかになる感じがした。
 旅館以外の草津の夜も味わいがある。また遊びに来たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草津の夜はそば屋で――蕎麦切り 風来坊

 そばの店で一杯やるのが実は好きだ。草津にもそんなお酒とそばが楽しめる店があった。マウンテンビューロッジすぐ近くの「蕎麦切り 風来坊」(草津町大字草津464-214、0279・88・0588)。ペンションが集まる一角にあるとはいえ、湯畑からもそう遠くないので、ぜひ一度訪ねてほしい店だ。
 ペンション風のゆったりとしたいすとテーブルで、まずはビールを頼む。六合村のねぎときゅうりが出てきた。味噌をつけて食べる。うまい!
Furaibo001
 そば屋で定番が焼き味噌。
Furaibo002
 ああ、うまい。
Furaibo003
 ビールの次はそば焼酎。そば湯で割って飲む。 う、うまい。ぜいたくな取り合わせ。
Furaibo004
 馬刺し。
Furaibo005
 ごま豆腐。
Furaibo006_1
 山菜の天ぷら。とても幸せ。
Furaibo007_1
 仕上げは十割そば。
 「標高1200mで造る最高霧下蕎麦粉を白根山の伏流水で打つ野趣溢れる十割蕎麦」だ。
 最初は塩で食べてくださいと言う。このこだわり。濃いつゆをちょっとだけつけて食べる。最高!
 店主は信州出身。せきざわなき後、群馬で最高のそば屋は風来坊かもしれない。
 火曜定休。営業時間は午前11時半~午後3時、午後6時~9時。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

マウンテンビューロッジ・わたの湯

Mountainviewlodge01
 夜は草津白根マウンテンビューロッジ(群馬県吾妻郡草津字白根464-887、0279・88・8893)に泊まった。昨年の夏にもこのロッジに泊まったが、ここの温泉が「わたの湯」であることを知らなかった。
 湯畑付近には大別して3つの源泉があるという。湯畑、白旗、そしてわたの湯だ。真綿にくるまれたような柔らかい肌触りの天然温泉が「わたの湯」。草津温泉配湯株式会社がペンションなどに配湯している。
 泉温は51.1℃。無色透明だが硫化水素臭がする草津らしい温泉だ。
 マウンテンビューロッジは朝食付きで一泊5980円(休日前料金)。1人で泊まると1000円増しになる。
 こうした夕食なしのペンションに泊まり草津の夜を楽しむのも楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

iPhone、iPad、MacBook Air日記 | NPO、ボランティア、社会貢献 | おどろき・群馬 | キャリア、キャリアカウンセリング、キャリアコンサルティング、コーチング、カウンセリング、コミュニケーション | シニア世代、超高齢社会 | ペット | 人、生き方 | 健康・医療・介護・福祉 | 土産、特産品、名物 | 地域/プラプラプラハ | 地域/ホクホク北海道 | 地域/七福神めぐり | 地域/中国 | 地域/京都 | 地域/千葉 | 地域/四国 | 地域/埼玉 | 地域/山梨 | 地域/栃木 | 地域/神奈川 | 地域/茨城 | 地域/長野 | 地域/静岡 | 奮闘!ゴルフ | 奮闘!ゴルフ2004 | 奮闘!ゴルフ2005 | 奮闘!ゴルフ2006 | 奮闘!ゴルフ2007 | 奮闘!ゴルフ2008 | 奮闘!ゴルフ2009 | 奮闘!ゴルフ2010 | 奮闘!ゴルフ2011 | 奮闘!ゴルフ2012 | 奮闘!ゴルフ2013 | 奮闘!ゴルフ2014 | 奮闘!ゴルフ2015 | 奮闘!ゴルフ2016 | 奮闘!ゴルフ/練習 | 少子化、ジェンダー | 山歩き | 怪我なく、楽しくソフトボール | 情報、メディア、オピニオン | 散歩・街歩き | 文化・芸術 | 料理 | 断捨離・整理・減量・リストラ・節約 | 旅行・地域 | 東京で「群馬」が味わえるスポット | 東京/上野、浅草、両国、谷根千、その他下町 | 東京/世田谷 | 東京/中央線沿線(中野・杉並・吉祥寺) | 東京/京王線沿線 | 東京/六本木、西麻布、麻布十番、広尾、白金 | 東京/小田急線沿線 | 東京/新宿、四ツ谷、市ヶ谷 | 東京/東横線沿線 | 東京/池袋、目白、巣鴨、駒込 | 東京/浜松町、品川、田町、芝公園 | 東京/渋谷、恵比寿、代官山、目黒 | 東京/神楽坂、飯田橋、九段、水道橋 | 東京/神田、大手町、丸の内、八重洲 | 東京/空港内・駅ナカ | 東京/練馬 | 東京/表参道、神宮前、青山、赤坂、永田町 | 東京/西武線沿線 | 東京/銀座、日比谷、新橋、虎ノ門、霞ヶ関、築地、日本橋 | 江戸文化 | 温泉 | 温泉/万座 | 温泉/伊香保 | 温泉/前橋・高崎 | 温泉/四万・沢渡 | 温泉/川原湯 | 温泉/水上・その他みなかみ町 | 温泉/秘湯 | 温泉/群馬その他 | 温泉/老神・その他沼田市 | 温泉/草津 | 独立・起業 | 経済、企業、ビジネス | 群馬/伊勢崎、桐生、太田、館林 | 群馬/前橋 | 群馬/草津、四万、渋川、水上、沼田 | 群馬/藤岡、富岡、安中 | 群馬/高崎 | 茶道、茶会 | 観光 | 里山次郎の農業生活 | 釣り | 音楽 | | 食2004 | 食2005 | 食2006 | 食2007 | 食2008 | 食2009 | 食2010 | 食2011 | 食2012 | 食2013 | 食2014 | 食2015 | 食2016 | 食/うどん | 食/うなぎ、川魚 | 食/おでん | 食/お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼き、鉄板焼き、焼きそば | 食/かつ、豚肉料理、串かつ、串揚げ | 食/そば | 食/イタリア料理、ピザ | 食/インド料理、カレー | 食/エスニック | 食/スペイン料理 | 食/バー、ビアホール、ワインバー | 食/パン、ケーキ | 食/フランス料理 | 食/ライブ、パーティー、サロン | 食/ラーメン | 食/中華料理 | 食/丼、釜飯、茶漬け、おにぎり、弁当 | 食/和食、居酒屋 | 食/喫茶、甘味、カフェ | 食/天ぷら、天丼 | 食/寿司 | 食/東欧・中欧料理 | 食/洋食 | 食/焼き鳥、鳥料理 | 食/軽食、スナック | 食/郷土料理 | 食/鍋 | 食/韓国料理、焼き肉 | 食/食堂、レストラン | 食/餃子 | 食/魚介 | 麻雀